“のぞ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノゾ
語句割合
74.3%
7.3%
6.5%
3.6%
3.2%
2.0%
0.5%
0.5%
希望0.4%
0.3%
0.3%
0.1%
退0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
削除0.1%
0.1%
取去0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
翹望0.1%
0.1%
0.1%
除去0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人が出入りするのを見かけたこともなく、いついても、店のなかはくらくしずまりかえっていて、チラとも人影が動かなかった。
『いや/\、て、天外※里此樣から、何時までも、君等故郷ませるなくずるのです。』と嘆息しつゝ
その何回うした儀式んだかれませぬが、いつもいつも状態になるのでございまして、それは不思議でございます。
お勢が開懸けた障子にまッて、出るでも無く出ないでもなく、唯此方へ背を向けて立在んだままで坐舗のき込んでいる。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
 寛平法皇の(帝の御父)御心には時平のき 菅神御一人に国政をまかせ玉はんとのおぼしめしありしに、延喜元年正月三日
急に、大地は眼のまえでれている。暗い空に岩角の線がうっすらっている。そこからけば絶壁であろうことは疑うまでもない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は自分の愛のいとさく、淺く、いのを、ぢ、れ、きます。私の今のしみは、私ん自分にんでゐる愛のりなさを、しむ心に外ならないのです。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
其度毎に渦を巻いたり白い泡を立てたりして、矢のようにる川がちょいちょい脚の下にまれる。峡勢窄迫して、黒部川特有の廊下がそろそろ始まったのだ。
黒部川を遡る (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
は心からそうなることをどれほど希望んでいるか知れぬ。しかしのこの希望は容易のことではとげられそうもない。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そうした水にんで、仏岩という巨岩がそびえ、それに寄せてささやかな休み茶屋がある。壁にかかったいろいろな獣の皮が、主じの生業を物語っている。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
けた少時竹藪してつたけて、それから井戸んだ井桁んで陰氣つた山梔子際立つてくした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かくの如くにして選挙されたる議員の帝国議会に於ける態度は実に立派なもので、これに対しては当局者も充分なる敬意を払ってんだ。
選挙人に与う (新字新仮名) / 大隈重信(著)
った瞳で、じっと見るや、両手に持った駒下駄をがけに振ったので、片手は源次が横顔を打って退け、片手は磨硝子の戸を一枚微塵に砕いた、蝶吉は飜って出たと思うと
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
唯だその障碍をき、学者をして学問の実体を講ずるの力をならしむるものに至らば、在野の人とたその責を分たざるを得ず(謹聴、喝采)。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
も、学問を独立せしむるの要術、甚だうし。然れども、今日の事たる、めて学者をして講学の便宜を得せしめ、勉めてその講学の障碍くより切なるはなし(謹聴、拍手)。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
囃子方に新という者あり。宵よりでていまだ小屋にらざれば、それかと白糸は間近に寄りて、男の寝顔をきたり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
かく言いつつ珍しげに女のきぬ。白糸はさっとむ顔をけつつ
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その時に孃子をいて御覽になると大蛇でした。そこで見て畏れて遁げました。
伯爵家から籍を削除けば、そこではじめて平民になるのゆえ自然宮内省は管轄外となるのだとも噂された。
芳川鎌子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
それがわかってかれたら、どんなにさっぱりするだろうと思った。天候のせいも、すこしはあるかもしれなかった。このごろの江戸の暑さといったら、なかった。
あの顔 (新字新仮名) / 林不忘(著)
……相手をるということは、俺の体にわっている、呪詛取去くということになる。相手に屠られるということは、呪詛に食われるということになる。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
き、くろぶしやけて
春鳥集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)
若しそれらを彼が本当にその詩を書いたのち綺麗さっぱりとき去ってしまったなら、その詩人はひょっとしたらその詩をきっかけに、だんだん詩なんぞは書かなくなるのではないか
幼年時代 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
勿論、雪之丞とても、人、今夜、これから自らがむべき危険を想像すると、一種の胸さわぎのようなものは感じるのだ。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
熾盛な青春の時代に逢ひ乍ら、今迄経験つたことも無ければ翹望んだことも無い世の苦といふものを覚えるやうに成つたか、と考へると
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
山口屋善右衞門はへ帰って見ると此の騒ぎですから、直ぐに医者を呼びにやりまして八右衞門を療治して貰い、表から此様な所をき込まれてはならんからと云うので
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
しかるに故栗田寛先生はこの説を採らず、その新撰姓氏録考証において、「間人の意未だ考へ得ず」と記るされ、慎重なる態度を採って、所謂その疑わしきをいておられるのである。
間人考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
だから真面目に働いて、一揆をどうにか成功させ、その百姓の辛苦の一部を、除去いてやろうと苦心惨憺、指揮する山県大蔵の行為が、彼には馬鹿らしく見えるのであった。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)