“君等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きみら88.9%
きみたち11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『いや/\、て、天外※里此樣から、何時までも、君等故郷ませるなくずるのです。』と嘆息しつゝ
君等みたいな高等常識を持った記者諸君に「海上の迷信」なんて鹿爪らしい、学者振った話なんか出来る柄じゃ、むろんないんだ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「それはナ天下の権を握つたら愉快だらうが、」と懸賞小説家は流盻に冷笑しつ。「君等のやうな壮士の仲間入りは感服しないナ。」
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)