“君寵”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くんちょう84.6%
くんちよう15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第三者が見れば君寵に変わりはないと見えることもその人自身にとっては些細な差が生じるだけでも恨めしくなるものらしいですよ。
源氏物語:46 竹河 (新字新仮名) / 紫式部(著)
喬木風にあたる。何しろ、御勲功の赫々たるほど、人のっかみもしかたがあるまい。わけて特に、君寵義貞に厚しともあれば……」
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
楊家君寵をうけてと長恨歌引出すまでもなく、何處にも貴重がらるゝなれど、あたりの裏屋より赫奕姫るゝそのし、築地某屋して御前さま御相手
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
楊家の娘君寵をうけてと長恨歌引出すまでもなく、娘の子は何処にも貴重がらるる頃なれど、このあたりの裏屋より赫奕姫の生るる事その例多し、築地某屋に今は根を移して御前さま方の相手
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)