あの顔あのかお
六月の暑い日の午後、お久美は、茶の間にすわって、浮かない面持ちだった。そういえば、誰も気がつかなかったが、朝から不愉快そうにしていた。暑さのためばかりではないらしかった。綿雲のような重いものが、かの女 …
題名が同じ作品
あの顔 (新字新仮名)大倉燁子 (著)