“簾戸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すど66.7%
すだれど33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日除けの簾戸で暗く感ぜられる角座敷の入口に足を踏み入れた時、わたしは正面に坐つてゐる青木の父親をチラと見た。
愚かな父 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
お久美の意思が、そう固くきめられたとき、簾戸があいて、庄吉の元気な顔が、茶の間へはいって来た。
あの顔 (新字新仮名) / 林不忘(著)
さて、さっきから、簾戸一重へだてた茶の間に坐りこんで、聞き耳を立てていたお祖母さんに、店の話声が逐一聞えていないはずはなかった。
次郎物語:03 第三部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
常磐津のうまい若い子や、腕達者な年増芸者などが、そこに現われた。表二階にも誰か一組客があって、芸者たちの出入りする姿が、簾戸ごしに見られた。
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)