“簾子”の読み方と例文
読み方割合
れんこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうしてその時代に鷹司家から、一方ならぬ懇情を受けた。そうして簾子姫とはわけても親しく、絶えず逢い絶えず話し合った。
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
(人形を鷹司家の妹君、簾子姫へ送るはいいとして、人形の胸に蔵してあったところの、黄金島についての大切な地図まで、簾子姫へ送られては大変だ)
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「それにいたしても伊豆守殿より、簾子姫へ贈られる女男の人形が、そうもいろいろの人間の手へ、渡り歩いたとは驚いた話じゃ。さぞ破損したことだろう」
猫の蚤とり武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)