“簾子張”の読み方と例文
読み方割合
すのこばり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから物干臺に登つて見ましたが、碧血が新しい手摺から簾子張を染めて、下のに及んでをります。
上はほんの二た坪ほどの簾子張ですが、夏はこゝで茣座を敷いて凉みも出來、兩國の川開きには、こゝへ一銚子持ち込んで、遠い花火を眺められないこともありません。