“簾裡”の読み方と例文
読み方割合
れんり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玉座の簾裡、大衆のさとる気づかいはないから、しばらくは、“身代り天皇”を以て——という、お考えに出たものらしい。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ゴオテイエが娘の支那は既に云ひぬ。José Maria de Heredia が日本も別乾坤なり。簾裡の美人琵琶じて鉄衣の勇士のるを待つ。景情より日本ならざるに非ず。
十四初めてを描き、十五すでに簾裡を曳く——と、玉の輿を羨まれた彼女も、ことし二十三、はやくも両の乳に三児を抱いて、住むに家もなく、大悲の御廂にこの寒空の夜をごうとは
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)