“簾麩”の読み方と例文
読み方割合
すだれぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中から出た汁で牛蒡人参糸蒟蒻椎茸竹の子簾麩なんぞの野菜を極く細かに刻んでよく煮ます。今度はその汁へ水を足して酒と醤油で味をつけて御飯を炊きます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
別に椎茸簾麩とを極く細かく切って糸蒟蒻と一緒にお味淋やお醤油美味しく煮ておきます。
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)