“糸蒟蒻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いとごんにゃく83.3%
いとこんにゃく16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それから水一升に酒一合の割合で二時間ばかり煮て、牛蒡糸蒟蒻と木くらげがあればなおいい。あるいは外の野菜でも時の物で構わん。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
茶碗に盛っただけは、こう云う訳で、どうにか、こうにか片づけたが、二杯目は我慢にもう気にならなかったから、糸蒟蒻だけを食って箸を置く事にした。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
金盥の中を覗くとドロドロの飯粒と、糸蒟蒻が漂っている中に白い錠剤みたようなもののフヤケたのがフワフワと浮いている。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)