“糸織”のいろいろな読み方と例文
旧字:絲織
読み方割合
いとおり86.7%
いとはた6.7%
いとをり6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三軒両隣りのお丹次郎久松よりやけにひねつた「ダンス」の Miss B. A. Bae. 瓦斯糸織綺羅
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
二里あまりたる村より十九歳のをむかへしに、容姿からず生質柔従にて、糸織にも怜利ければ可愛がり、夫婦の中も家内可祝春をむかへ
糸織のなへたるにふらんねるをねし寐間着小袖めさせかへ、いざ御就蓐をとりてければ、其樣ふてはないとしやつて、滄浪ながら寐間へと入給ふ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)