“両隣”のいろいろな読み方と例文
旧字:兩隣
読み方割合
りょうどな50.0%
りやうどな16.7%
りやうどなり16.7%
りょうとなり16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところへ両隣りょうどなりの机の所有主も出校したんで、赤シャツは早々自分の席へ帰って行った。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あわれにも彼のテント店は雨にたたかれてきたない色と化し、みすぼらしさを加えた、そればかりか両隣りょうどなりもお向いも、みんな本建築になってしまったので、源一のテント店は一そうみすぼらしくなってしまった。
一坪館 (新字新仮名) / 海野十三(著)
やはり向う三軒両隣りょうどなりにちらちらするただの人である。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
むか三軒さんげん両隣りやうどなりのおてふ丹次郎たんじらうそめ久松ひさまつよりやけにひねつた「ダンス」の Missミツス B.ビー A.エー Bae.べー 瓦斯ぐわす糸織いとおり綺羅きら印刷局いんさつきよく貴婦人レデイに到るまで随喜ずゐき渇仰かつがうせしむる手際てぎは開闢以来かいびやくいらい大出来おほできなり。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
加州かしう金沢市古寺町ふるでらまち両隣りやうどなり一宇いちう大廈たいかは、松山なにがしが、英、漢、数学の塾舎となれり。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
長屋の両隣りょうとなりには心安い人がいたが、もうけているのでそのはそのまま寝ることにして寝た。
山寺の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)