“千石取”の読み方と例文
読み方割合
せんごくどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千石取の旗本、本郷丸山の、口きゝで、顏が通つて、近く役付になつたばかりといふ、その披露を兼ねて同僚、上役、友人方を招いての凉み船に
こののいふのだからあてにはらないが、いま座敷うけの新講談評判鳥逕子のおさんは、千石取旗下で、攝津守有鎭とかいて有鎭とよむ。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
加州金沢市古寺町両隣一宇大廈は、松山が、英、漢、数学の塾舎となれり。旗野へりし千石取にして、邸内に三件の不思議あり、血天井不開室、庭の竹藪なり。
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)