“瓦斯”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ガス88.0%
がす11.0%
ぐわす0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
三層四層五層瓦斯を点じたのである。余は桜の杖をついて下宿の方へ帰る。帰る時必ずカーライルと演説使いの話しを思いだす。
カーライル博物館 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
戸毎瓦斯電燈閑却して、依然としてきくえた。宗助世界調和する黒味つた外套まれていた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
三軒両隣りのお丹次郎久松よりやけにひねつた「ダンス」の Miss B. A. Bae. 瓦斯糸織綺羅
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)