“依然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いぜん86.8%
やはり9.4%
やつぱり1.9%
やっぱり1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戸毎瓦斯電燈閑却して、依然としてきくえた。宗助世界調和する黒味つた外套まれていた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
恁な變樣をする位なら、寧ろ依然『眠れる都會』であつて呉れた方が、自分並びに『美しい追憶の都』のために祝すべきであるのだ。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
罪惡包藏してない事件はそれでんだ。勘次依然おつぎにはつしか大樹であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それから、気味が悪いなと思いながら、依然をしていると、それが、一度消えてなくなってしまって、今度は判然と水の上へ現われたそうです。
夜釣の怪 (新字新仮名) / 池田輝方(著)