“罪惡”の読み方と例文
新字:罪悪
読み方割合
ざいあく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知人ひでもすると、くなり、くなりして、那麼弱者共すなどと、是程むべき罪惡いなど、つてゐる。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
勘次つてからお混雜したしい世間つて遣瀬のないやうな心持がして到頭罪惡決行してつた。おは四であつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
かに五六地上此變化である。地中秘密はそれでも、三千餘年たれたとふと、これを攪亂した余等は、かに罪惡であるとへずにはられぬのである。