探検実記 地中の秘密たんけんじっき ちちゅうのひみつ02 権現台の懐古02 ごんげんだいのかいこ
——初めての發掘——權現臺の歴史——貝層より石棒——把手にあらで土偶——元日の初掘り——朱の模樣ある土器——奇談——珍品——地主と駄菓子——鷄屋の跡—— 太古遺跡の發掘に、初めて余が手を下したのは、武藏の權現臺である。それは余の品川の宅から …
作品に特徴的な語句
ふち くわん 思出おもひい せう さむい 白粉しろしい がつ げん うち 表面ひやうめん 興味きやうみ 有合ありあは しき うへ さが 調子てふし うま 思出おもひいだ くら きは くわつ はゝ さいは まへ 如何どう 失策しつさく りやく 食卓しよくたく 坑道こうだう 情景じやうけい 呼吸こきう しゆ あるひ ぼん きた わづ 把手とつて あひだ ぼう ゆう 攪亂くわんらん たし 故郷こきやう 突貫とつくわん たつ はう づめ うしな 衝突しようとつ はゞ 茫然ばうぜん 往事むかし 貝層かひさう 老人らうじん 翌日あす おこ どう 終生しふせい かゝ 掻廻かきまは 追懷つひくわい 退 勝利しやうり しゆ 初心しよしん 眞白まつしつ ほん おも 主人しゆじん けん 望蜀ぼうしよく なに 眼前がんぜん 雪中せつちう 有効ゆうかう はじ 今日けふ さか 此所こゝ 盛返もりか ねん 此期このき あら
題名が同じ作品