“掻廻”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かきまわ76.7%
かきま10.0%
かきまは6.7%
カマ3.3%
つかみまわ3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
別にフライ鍋へ大匙一杯の上等なバターを溶かして右のお米一合ほどを入れてよく掻廻しながらお米の狐色になるまでいためます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
店の大半、表へまで芋俵が積まれ、親父さんは三つ並べた四斗樽のあきで、ゴロゴロゴロゴロ、泥水の中の薩摩芋を棒で掻廻わした。
旧聞日本橋:02 町の構成 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
余等興味して傾聽したのは、權現臺貝塚歴史であつて、最初野中發見したのを、してたので、其頃發掘をせずとも、表面をチヨイ/\掻廻してれば、土偶
ンヤデヤなア、ゲデセエ、ゴト日當りの屋根サ干すエネればがしグテ、晝間まで掻廻して、それガラ田畔サあがテせ、
地方主義篇:(散文詩) (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
これが他の殿方ででもあったら、奥様の御髪掻廻して、黒縮緬の御羽織も裂けるかと思う位に、打擲もなさりかねない場合でしょう。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)