旧主人きゅうしゅじん
今でこそ私もこんなに肥ってはおりますものの、その時分は瘠ぎすな小作りな女でした。ですから、隣の大工さんの御世話で小諸へ奉公に出ました時は、人様が十七に見て下さいました。私の生れましたのは柏木村——はい、小諸まで一里と申しているのです。 柏木 …
作品に特徴的な語句
はず おら いや はま 微笑にっこりわらい のぼり いや めばたき あて よか しめ つい とま 父親おとう ひろ よく がよい たま ぶっ こまか 嘲笑さげすみわらい はず みせ つら 躊躇もじもじ かか 打擲ぶちたたき どこ 容貌おもばせ ふん 塵埃ごみくた わるい 以前このまえ いら 懐中ふところうち 頂上とまり ほんと 小児ねんねえ いい うずま たい べっつい 商家たな なか 黄昏ゆうがた 恍惚しげしげ ねたまし 何処どっか 四方そこいら 注意こころづ ひから 御寝およ かえっ つけ かじ あでや あし 平素しじゅう 何程どんなに まず 衣類もの 憂愁ものおもい いい けな じれ 恐怖こわごわ つぶ 容姿かおかたち 少許ちったあ せなか 耳語みみこすり 朦朧どんより じき 主家うち しょ 往々たびたび そら 風采ようす 生涯くちすぎ びっしょり ふる おい 明白ありあり 戦慄わななき ぶと