“平素”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふだん52.6%
いつも25.3%
へいそ5.3%
しょっちゅう4.2%
つね4.2%
ひごろ4.2%
しよつちゆう1.1%
しじゅう1.1%
しよつちう1.1%
しよツちゆう1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平素女房にいたぶられてゐる亭主は女房の不在に台所の隅で光つてゐる菜切庖丁や、葱の尻尾に触つてみるのが愉快で溜らぬものだ。
顕文紗の十徳に薄紫の法眼袴。切下髪にはたった今櫛の歯を入れたばかりです。平素と少しの変わりもない扮装をして居るのでした。
正雪の遺書 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そのがまた、平素はごくっぽいのに、その時ばかりは、王子をにのせたまま、おとなしくのそりのそりと歩いているのではありませんか。
強い賢い王様の話 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
ですから、『貴様は友達の出世するのを見ても羨ましくはないか、悪踠も好加減にしろ』なんて平素御小言を頂戴するんです。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
林藏も刀の柄元を握詰め喉をいてますから、如何いう事かと調べになると、大藏の申立に、平素からしいように思って居りましたが、て密通を致し居り
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
去る十七年の夏、偶事に因て出京せるを幸い、平素欲望を達せん事を思い、旅寓に投じて、行李を卸すや否や、先ず主人を呼で二氏の近状を問う。
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
僕がういふ科学書生で、平素其方の研究にばかり頭を突込んでるものだから、あるひは僕見たやうなものに話したつて解らない、と君は思ふだらう。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
それを御本家では平素憎悪んでいるということでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それに君如何だ、細君は殆んど僕等の喰ひしの胡蘿蔔牛蒡にもありつかずに平素漬物ばかりをつてる、一片だつて亭主の分前に預つたことはないよ。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
どうでせう、省吾の奴も君の御厄介に成つてるが、彼様な風で物に成りませうか。もう少許活溌だと好いがねえ。どうも女のやうな気分の奴で、泣易くて困る。平素弟にめられ通しだ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)