“いつも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
平生25.7%
24.7%
平常16.0%
平時6.8%
平素6.2%
平日4.9%
毎時2.4%
常時2.4%
何時1.9%
例年1.4%
毎度1.4%
日常0.8%
例日0.8%
常例0.8%
0.8%
定時0.3%
何日0.3%
例刻0.3%
恒常0.3%
日課0.3%
日頃0.3%
毎〻0.3%
毎夜0.3%
毎常0.3%
毎朝0.3%
毎歳0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
燈火の加減でか、平生より少し脊が低く見えた。そして、見慣れてゐる袴を穿いてゐない所爲か、何となく見すぼらしくも有つた。
我等の一団と彼 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
確かに兄は起きてゐたのにとりながら、勝代は手索りでマツチを搜して、ランプを點けて見ると、兄はの所に寢てゐなかつた。
入江のほとり (旧字旧仮名) / 正宗白鳥(著)
幸吉は、またかわいそうに、自分平常ジャックをかわいがってやるものだから、けてくれるとって、物置にきてれたのだ。
花の咲く前 (新字新仮名) / 小川未明(著)
一時騒々しかつたのが、寂寞ばつたりして平時より余計しくける……さあ、一分一秒え、まれるひ。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
美奈子は電車が、平素の二倍もの速力で走つてゐるやうに思つた。彼女は、最後の一瞥を得ようとして、思ひ切つて顔を持ち上げた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
、有難う。』と竹山は例になく禮を云つたが、平日の癖で直ぐには原稿に目もくれぬ。渠も亦平日の癖でそれを一寸不快に思つたが
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
それにお島は今月へ入ってからも、毎時のその時分になっても、まだ先月から自分一人の胸に疑問になっている月のものを見なかった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
一時劇しい興奮の状態にあった頭が、少しずつまって来ると、先生は時々近親の人たちとを交しなどした。その調子は常時と大した変りはなかった。
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
知られる樣になる斯の如くして馴染が出來るとくづを買求らるゝなりさへすると先々で何時のくづ屋さんがから最早申刻ならん夕膳の支度を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
が、今夜は例年の暦屋も出ていない。雪は重く、降りやまなかった。窓を閉めて、おお、寒む。なんとなく諦めた顔になった。注連繩屋も蜜柑屋も出ていなかった。
雪の夜 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
、そんでもちつた鹽梅よくなつたやうだが、かねえけえ」おつぎは毎度のやうに反覆していた。言辭かでさうしてんでた。卯平火傷へもられてあつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
山の手線はまだ世間一般によく知られていないので、客車はほとんど附属のような観があった、列車の遅刻はほとんど日常のこととなっていた。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
せめては冷たい一杯のアイスクリームにさらに悲しい哀傷の新らしさも味つて見やうかしら、それとも例日のやうに名も知れぬ黄色い三つの花の上に小さな私の霊をあづけて
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ああ千代子は大槻と同じ室に乗るために常例の室をやめたのではあるまいか、千代子はフトすると大槻と恋に陥ったのかも知れない、千代子は大槻を恋しているに違いない。
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
由三は此の門を通り抜けて、森川町から本郷通りへブラリ/″\進む。雑踏と古本屋の前に立停ツたり、小間物店や呉服店をチラといて見たりして、のやうに日影町から春木町に出る。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
通いで来る嘉助親子も、東京の客が発つというので、その朝は定時より早く橋を渡って来た。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「いや、自分以上の空想を抱いて、この家をしかけているのだ」と思った。彼は、自分の子が自分の自由に成らないことを考えて、その晩は定時より早く、可慨しそうに寐床へ入った。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
りて馬につゝ是々馬士どの今夜は何だかい樣だ何日寅刻頃には徐々人の往來も有のに鮫洲から爰迄來中に一人も逢ぬ扨々しいことだぜ馬士アイサ此節は人通りが少無なつて否はや一不景氣なことさ品川歸りも通らねえ隨分氣を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この人が森彦だ——お延の父だ。その日は、お房が入院してから一週間余に成るので、森彦も病院へ見舞に寄って、例刻よりは早く自分の娘の方へ来た。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
而も其結果は恒常、判で捺した様に、唯一の「死」。其死の形式は、斬殺、刺殺、銃殺はろお情けの方で、時には鬱憤晴し、時には衆人への見せしめに、圧殺、撲殺、一寸試しや焚殺も行われる。
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
「もしお前の手に合わなくなったら、その時を呼ぶがいい。それまではどれの奥で日課の昼寝をするとしようか」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
平次は日頃になく尻込みをしております。
好い事は毎〻に奪られ年中嬉しからぬ生活かたに日を送り月を迎ふる味気無さ、膝頭の抜けたを辛くも埋め綴つた股引ばかり我が夫に穿かせ置くこと
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
歩くでもなく、進むでもなく、何ものかに引かれるように、何ものかに押されるように、毎夜のように、ここまで来てしまったのだ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
犬や猫が、主人も大分開けて我党に近くなった、頗話せると云った様な顔をして、主人の顔と食卓の上を等分に見ながら、おとなしく傍に附いて居る。毎常の夕飯がうまく喰われる、永くなる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
新座敷の方の庭から、丁字形に入込んでいる中庭に臨んだ主人の寝室を、お島はある朝、毎朝するように掃除していた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「女王」といふのは毎歳の村祭に、山車の上にさつて花輪を捧げ持つ、子供達の王様を謂ふのでした。
女王 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)