監獄部屋かんごくべや
同じ持場で働いて居る山田という男が囁いた。 「オイ、何でもナ、近けえ内に政府の役人の良い所が巡検に来るとヨ」 「エッ、本当かイ夫りゃア、何時だってヨ」 「サア、其奴ア判ら無えがナ、今度ア今迄来た様な道庁の木ッ葉役人たア違うから、何とか目鼻は …
作品に特徴的な語句
加之そこへ いじ ちげえ 遭遇でくわ 到底てんで いつ 大約かれこれ 迂曲まわりくど 障碍こだわり 難有ありが いず たっ 往年さきのとし 耀ひかり ばかり 間違まちげえ づら たげえ 何様どう つぶ こなし ばかり 出迎でむかえ 勿体もってえ 午餐ひる かえっ 大事でえじ でか 平易やさし 手柔てやわらか 斯様こんな ざま 直後じきうしろ 突然だしぬけ うったえ けえ 這入へえ 酷使こきつかい 一縮ひとちぢみ しち くだ おわ 伯仲おッつかつ 余命いのち へこ 厳重しっかり 左様そう おれ 幾何いくら つか 斯様こん おそ 派遣よこ 漫然ぶらり 状況ありさま けだもの なま うたがい すぐ まなこ 糊塗ごまか あた 腕力ちから ばか へだた 通称とおりな 一同みんな 万一もし 乃至ないし 予々かねがね 何奴どいつ 何時いつ 先刻さっき その 其奴そいつ 内容なかみ あま いきおい 北見きたみ いか 叱言こごと 吃驚びっくり 喋舌しゃべ 喚起よびおこ 喧伝けんでん 嘘伝うそ むし 小頭こがしら 巨細こさい 布令ふれ