“巨細”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こさい87.9%
こまか6.1%
ことこまやか3.0%
よく3.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
之にづいた山田は感激に満ちて滔々と述べた、如何に無道徳で、如何に残酷で、如何に悲惨であるかを、実例を引き引き巨細に訴えた。
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
その巨細な事については風俗を害する恐れもあり、また余り猥褻にして大方の人に知らすことの出来ぬ事も沢山あります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
努々御座なく候と巨細に申立けるにぞ大岡殿なる程せぬ明白なるなりコリヤ藤八節を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あの手拭が頸にい就いてる有様巨細視て下さい。あの手拭は交叉して括っては無い。端からグルグル巻き付けた形になってます。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)