“こまか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コマカ
語句割合
83.3%
4.5%
微細1.9%
細密1.3%
仔細1.3%
1.3%
巨細1.3%
0.6%
0.6%
精密0.6%
緻密0.6%
繊細0.6%
0.6%
0.6%
詳細0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
繰返すやうだけれども、十圓剩錢一錢なるがに、九圓九十九錢つたが、まただつて、員數んだのであらう。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
左近倉平の周囲に引っ切りなしに集まって来ている若い女達で、長いか短いか、いかいか、兎も角も左近倉平に関係の無かったという人は、恐らく幾人も無かったでしょう。
蜘蛛の胴体から、脚のように、八本の線が延びているのがそれだ。蜘蛛の周囲を巡って、微細い血痕が、霧のように飛び散っている。張り渡した蜘蛛の網と見れば見られる。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
役人したと申事是は人のなればとは申上兼れ共九郎兵衞夫婦の者しく存じ候と事細密長々と申立ければ縫殿頭殿にはシテ其法事を頼に參りし寺の名はと申又其事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
いささか失望を感じながら、廻り止んだ独楽をつまみ上げ、なお仔細く調べてみた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「塩山へかね」と背負籠の石の上に下して、腰を伸しながら、「塩山へは此処からまだ二里と言ひやすだ。あの向ふのい山の下にい山が幾箇となく御座らつせう。その山中だアに……」
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
めて名も新藤市之丞にては不似合なれば長兵衞は自身の名の頭字をて長八と改めさせは親分になり同町の家主治兵衞の引越させ其外萬事長屋の振合迄巨細に教へつゝ世帶を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
その落ちるのが余りなので、遠い所の街灯の火がわれて見えない。
橋の下 (新字新仮名) / フレデリック・ブウテ(著)
「あれ、降ってるのか」と私は軒下へ退いて、思わず髪をでました。暗くはあるが、低い霧のように灰色に見えるのは、い雪の降るのでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
次第に奥様は短気にも御成なさいました。旦那様は物事が精密て、何事にもこの御気象がいて廻るのですから、奥様はもういという御顔色をなさるのでした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
用意ればちにりて、一本榎より數十條り、投込むと同時緻密なるひ、には大石き、枯草べて、より爆※けば
蛇くひ (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その渚が——女だ、髪にはどこまでも目が繊細い——雪を透かして
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
その様な時には、平生は柔しげな微笑の下に巧みにかくされてゐるい幾条かの皺が、思ひがけなくはつきりと夫人の額に浮び出ることさへあつた。
水と砂 (新字旧仮名) / 神西清(著)
画布の上には薄つすらと絵具が溶かされてゐるのに過ぎない。そして多分そのためなのだらう、画面にく揺れうごくものの影が多くなつてゐるのは。
恢復期 (新字旧仮名) / 神西清(著)
「僕が夢中になるだけ、先方益々冷てう。いには僕を見るもイヤだという風になったのです。」そして大友は種々と詳細談話をして、自分がどれほどその女から侮辱せられたかを語った。
恋を恋する人 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)