“こま”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コマ
語句割合
28.0%
16.6%
独楽15.6%
13.2%
9.7%
高麗3.2%
小間2.6%
2.0%
1.5%
1.1%
獨樂0.9%
巨摩0.7%
0.6%
小室0.6%
木間0.6%
0.5%
困却0.3%
0.3%
0.2%
樹間0.2%
0.2%
高麗馬0.2%
0.1%
0.1%
麻雀牌0.1%
仔細0.1%
0.1%
木舞0.1%
0.1%
0.1%
車輪0.1%
駒鳥0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、毎日学校で、きつね、きつねといわれますそうで、学校へゆくのをいやがってりますが、どうかおちゃんにおいして
青いボタン (新字新仮名) / 小川未明(著)
はじめは、が、二しかなかったのが、たちまちのうちに、三になり、四となり、かながたくさんついたのであります。
花と人間の話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
私は独楽の研究が専門ですが、今日の飛行機にジャイロスコープをしかけますと、空中でちゃんとスタビリチー(安定)が取れます。
空中征服 (新字新仮名) / 賀川豊彦(著)
「もらい物ですが、毅一さんとちゃんに。まだ学校ですか、見えませんねエ。ああ、そうですか。——それからこれはさんに」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
今度はいっそう広大に硫黄の火よりもハッキリとして白く、朝霧よりもほんのりとしてやかに、東の壁の書卓の下から立上った。
白光 (新字新仮名) / 魯迅(著)
「ぼくは高麗犬の写生をしてるんだよ、どうもね、一つの方が口をあいて一つの方が口をしめてるのがふしぎでならねえ」
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
キヤツとく、と五六眞黒つて、障子小間からドンとた、へたまゝで、ののち二日ばかりせぬ。
二た面 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「よくよく達雄さんもって——病気にでも成るとかサ——そういう場合は格別ですが、下手なことは見合せた方が可いネ」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
お光達には腕をぬいて立っている大河俊太郎の姿がはっきり見えた。兄はたまらないように「おうい」と叫んだ。
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
五六人殘つた關係者は、大廣間の隅に引つ込んで、劇の一とを眺めるやうに、この不思議な夫婦の演出を見て居ります。
銭形平次捕物控:315 毒矢 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
此世界地球きものにて自分ひながら日輪周圍ること、これをへば獨樂ひながら丸行燈周圍るがし。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
叔父の手記によれば、みどう家は、巨摩郡ぜんたいの土着民から、(ひそかに)領主のような、尊敬を受けているそうである。
山彦乙女 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
御互になるほどと合点が参るためには、今少し詳細に「情を理想とする」とは、こんなものだとかく割って御話しをしなければなるまいと思います。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
誠に感心な事だと、年はまだ二十一歳でございますが、心ある娘で、多助の後影をしみ/″\眺め、見惚れて居りますと、広間の土廂を深く取った六畳の小室がございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
るる木間のしたに、
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
朝戸を開ければ会の手拭の五六本も投げれて交際の張る事は知らないのだろう、お前さんじゃア分らないから、分る者をおよこしなさい、お村は直ぐに帰しておくれ
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
ミハイル、アウエリヤヌヰチは此頃では始終留守く。ダリユシカは旦那近頃定刻麥酒まず、中食迄れることが度々なので困却つてゐる。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
靴のリボンは、真っ白なかな透き靴足袋の上にX形に綾取られていた。それからモスリンの一種の胴着をつけていた。
毎年の事ながら不意の大雪にて廿七日より廿九日まで駅中家毎の雪にて混雑いたし、簷外玉山を戸外へもいでがたくり申候。今日も又大雪吹に相成、家内蝋燭にて此状をしたゝめ申候。
物歎かしきたたずまひ、樹間に仄めく夕月の
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
長峰の下宿の女房も、権之助坂の団子屋の老婆も、私は至るところで千代子の恋の噂を耳にした、千代子は絶世の美人というのではないけれども、大理石のようにやかな
駅夫日記 (新字新仮名) / 白柳秀湖(著)
近い飛鳥から、新渡来高麗馬って、馬上で通う風流士もあるにはあったが、多くはやはり、鷺栖の阪の北、香具山のから西へ、新しく地割りせられた京城坊々に屋敷を構え、家造りをした。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
彼はを握る合間合間に顔をあげて、星尾助教授の手の内を後からみたり、川丘みどりの真白な襟足のあたりをして万更でない気持になっていた。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
(二)みどりが気分が悪いと云ったときに彼が非常に狼狽したのは、彼がに塗りつけた毒物がみどりを犯したのではないかとんだせいではあるまいか。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「今度初めて行く所だが、なんでも、北多摩のれで秩父境にあたる所だというんだが、そこに、高麗村の家というえらい旧家があるそうじゃ」
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこで馬春堂は、この家の一室にほうり込まれた当時から、退屈まぎれの後々のよすがにもと、半紙を四つ折にじて書きためた自分の日記をくりひろげて
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ほほう、これは面白い発見だ。すると犯人は麻雀牌りの中に毒薬を塗りこんだというわけですな」と雁金検事は感嘆した。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
と大声をあげて場に積んである麻雀牌をひっぱってくることだ。気を付けていると、その度に、彼は麻雀牌のみつけてあるしるしをギュッと強く撫でまわした。
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
西しなき大洋では、荒浪ぎ、つて、とても仔細かいなどは出來ない、かく巨濤は、けてらんとす、大尉をば右方し、『!。』の一聲
その微笑もめかしく身ぶりもなまめいていた。なか高のうりざね顔で、眉と眼のあいだが広く、きめのかな白い膚に、ふっくりとした唇が、なまなましいほど赤かった。
風流太平記 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
しばらく棲んだ自分の小屋でありながら、下からしみじみ見あげる自然木の垂木や小枝の木舞いはひどく馴染みのないものであった。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
長柄の刃先、太刀の鞘を暗い秋の水にひたしながら、全軍の長蛇は粛々と、の対岸へ越えていた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やかな愛情に任ね切って、どうかすると、佐吉の膝の上に人形が乗って居たり、二人は犇と抱き合って居たりするところを見せ付けられて、雇人達は思わず仰天することもありました。
駒鳥はね、丈の高い、籠ん中を下から上へ飛んで、すがって、ひょいとに腹を見せて熟柿こちるようにぼたりとおりて、をつついて、私をばかまいつけない
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私が人麿の歌を評釈した時には、新訓(佐佐木博士)の、「雪にうつたぬしも」に従ったが、今回は、故生田耕一氏の「雪にく朝楽しも」に従った。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)