“日輪”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にちりん95.7%
おてんとさま4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
此世界地球きものにて自分ひながら日輪周圍ること、これをへば獨樂ひながら丸行燈周圍るがし。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
たちの先祖は、ちょうどここにいなさるからすさんのご先祖といっしょに、日輪から、ってげるときに、をおったのです。
紅すずめ (新字新仮名) / 小川未明(著)
本當つたんだよなあ日輪までぽくなつたやうなんだよ」おつぎはえるやうな口吻で一掛蒲團をとつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)