紅すずめべにすずめ
ある日のこと、こまどりが枝に止まって、いい声で鳴いていました。すると、一羽のすずめが、その音色を慕ってどこからか飛んできました。 「いったい、こんなような、いい鳴き声をするのが、俺たちの仲間にあるのだろうか。」と、すずめは不思議に思ったので …
作品に特徴的な語句
ごん なき さい うえ 達者たつしゃ おそ ぜん ほん ゆる 見下みお 孫子まごご おだ 平常へいぜい 故郷こきょう なか あお からだ あたま かたむ おと あいだ 理由りゆう 反対はんたい ごえ 谷間たにま 夕雲ゆうぐも よる 大風おおかぜ おぼ まな 容易ようい にち あら わか 方向ほうこう ほう ねん 年老としよ つよ きゅう べに だま うみ ふか わた 無理むり 熱心ねっしん 物憂ものう ひと たま 田圃たんぼ はたけ うたが しろ ねむ くだ わたし あき 稽古けいこ そら わら しょう ふえ こた 音色ねいろ かがや ちか かえ あそ ちが 野原のはら なが あめ くも あお たか とり ほね