“日輪巻”の読み方と例文
読み方割合
にちりんまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことに山県蔦之助は、弓術は自分ののものであるし、じしん得意とする代々木流も、しく、日輪巻つがえをして、のスジを思うさまのばしたことがないから
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今為朝といわれたのはどんな人物かと見ると、たかく、色浅ぐろい二十四、五武士である。黒い紋服片肌をぬぎ、手には、日輪巻強弓と、一本の矢をさかしまにっていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山県蔦之助日輪巻から切ってはなした白鷹塗矢にちがいはないのである。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)