“今為朝”の読み方と例文
読み方割合
いまためとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大津のまちにその弓道の道場をひらいていたころには、八坂怪人るいぜんから、今為朝とはやされていた人。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
坂本の町に弓術の道場をひらいて、都にまで名のきこえている代々木流遠矢達人山県蔦之助という者であるが、町の人は名をよばずに、今為朝とあだなしていた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
小文治がいいわけしていると、蔦之助も遠くから、このようすを見てかけてきた。そして、今為朝ともいわれたじぶんの矢を、つかみとるとは、おそろしい子だという。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)