“今朝方”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けさがた80.0%
けさかだ20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“今朝方”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それがためか、あらぬか、先生は今朝方けさがた御病中の髪を結直ゆいなおしておられる時突然卒中症はやうちかたに襲われ、
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
今朝方けさがた玩弄おもちゃにしていた風船玉を茶の間から持って来て、御仙がその枕元に置いてやった。
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昨夜ゆべな今朝方けさかだだ※がな、火ぁでらたな、おべだが。」
ひかりの素足 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)