“今朝程”の読み方と例文
読み方割合
けさほど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見てヤア油屋の番頭さん折惡宿では留守なれども一ぷくあがりませ今朝程は何かと御世話にに約束の月もて度々御催促をも誠にお氣の毒と云を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
し給はれと申しければお專は傳吉の顏を熟々御前樣は盜賊に能々見込れ給ひしものと見えたり今朝程お前樣よりお頼みのよしにてお隣家なる彌太八とか云る御人が
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)