“盜賊”のいろいろな読み方と例文
新字:盗賊
読み方割合
どろばう36.4%
たうぞく18.2%
ぬすびと18.2%
どろぼう9.1%
たうどく9.1%
もの9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黒人給仕かれて、燈籠れたつけね——主人商賣ものをは、盜賊用心つ……穗長をねえ、こんな場所へはつけないから
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
見付手當り次第に掻浚し道より出行けりお菊は盜賊の立去るを見てて家内を起せしかば利兵衞始め走來りて庭にお竹が殺され居るを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
取し盜賊先達て穀屋方より願ひに依て杉戸屋富右衞門が御仕置に成しと承知る然らば又候に平兵衞を殺した者出る時は御奉行を始め御役人の落度んか覺えも無き拙者を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
なす酒の醉もりしかば後藤は近江盜賊の一件もて仕舞至極酒の相手には面白く思ひ終に是より道連となし飮合たる勘定も拙者が私しが拂ひますと爭ふ位の中になり其後の勘定は面倒なしに一日代りとめければ半四郎は大いに道々の咄し相手となし先今夜は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彷徨しならん依て其虚に乘じ汝等盜賊に金子三十七兩はれしに相違なからん然すれば何ぞ關所破りといふにあらんや然れば汝等に罪なきにより御ひなしと申し渡されしかば文藏夫婦はふも更なり名主組頭を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
渡邊の金吾は誠の盜賊に成りぬ、やがては明治の何と肩がきのつくべきほど、おそろしがらるゝ身かへりて恐ろしく、此處を離れて知らぬ土地に走らんと思ひたる事もあり
琴の音 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)