“顯”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
あら51.0%
あらは39.2%
あらわ3.9%
あか2.0%
あき2.0%
けん2.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はすと、い、翡翠とかいてね、おたち……たちぢやあ他樣失禮だ……おなぞがしがるとおんなじだ。」
鳥影 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
校庭はれて、嚮導つたの、ぢてしたともひ、らずとふのが——こゝにれたのでありました。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
崇高なる人類愛のれだ。もだね、わがヤクーツク造船所は、永年月に亙り大なる犠牲を払いつつ水の圧力と闘ってきたのだ。
地球発狂事件 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)
さりとてれにもがひがたきを、としてにとせば松野ひもめ、竹村潔白をもされん、何方にまれくき一人あらば、くまではなやまじを
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
らけく、くしき
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
〔譯〕る者は能くを見る。顯にる者は晦を見ず。