“あき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アキ
語句割合
57.6%
19.9%
4.3%
安芸3.1%
2.9%
2.8%
1.7%
0.7%
0.7%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
空所0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
阿岐0.3%
安藝0.2%
0.2%
欠陥0.2%
0.2%
空地0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.1%
倦怠0.1%
厭倦0.1%
厭飽0.1%
安喜0.1%
慊焉0.1%
晩秋0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
空処0.1%
空席0.1%
金風0.1%
0.1%
阿騎0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
村越 (れたるして続く)小父さん、小父さん、どうなすった……どうなさるんです。おいくさん、お前粗相をしやしないかい。
錦染滝白糸:――其一幕―― (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
に、町一面きしいた眞蒼銀杏が、そよ/\とのへりをしくそよがせつゝ、と、てる。……
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
私はらめて——私の身さへ退けば八方圓く納まるだらう、大川へ身を投げて死んでやるから——と口惜しまぎれに駈け出しました
その一族の中では、羽前の左沢に移住したものは左沢某と呼んでいるが、安芸国に分れて行った家はそのままに毛利家と称しておった。
名字の話 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
相違が、らかに袖子えてきた。さものんきそうなさんとちがって、彼女自分らねばならなかった。
伸び支度 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
と有りけるに座中の人々彌々驚き偖は其方が野尻宿の近江屋のお專殿なるか又持參の此文はとれ果てたるばかりなりおも座を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
おれは秩父へ出て行ったのさ。少し、たずねている者があってな。——そのあとで、おまえは多分、あの屋敷へ礼に出かけたろうと思う。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
だから先君以来の老臣らがいるうちはよいが、ひとりきふたり死に、その柱がなくなる頃になると、織田の衰亡は、火をみるよりもらかであろう。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
貴方の心は近頃大変に若やいで来た。つて居る。年寄つた自分にが来て、あのアルマンに移つてくのでせう。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
高御座輝き満つ、日の御座ただ照り満つ。御剣や御光添ひ、御璽やいや栄えに、数多の御鏡や勾玉や、さやさやし御茵や、照り足らはせ。大君。我が大君。
(新字旧仮名) / 北原白秋(著)
丁度花を持って遊ぶ子が、遊びてその花を打捨てしまうように、貴方はわたしを捨てておしまいなさいました。
(ここで再び四五ニズムの表現を用ふれば。)つまり友情のマンネリズムにが来て、皆が恋愛に走り出したためである。
四五ニズム述懐 (新字旧仮名) / 原民喜(著)
そうでなかったら、賊は伯父を組し易しと見て、一度ではたらず二度三度身代金を脅喝しようとしているのでしょう。れにしても伯父としてはこんな心配な事はありません。
黒手組 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
廣告が少くて第四面に空所が多く、活字が足らなくて假名許り澤山使ふから、見るから醜い新聞であつた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
懐紙は、点々、紅梅をちらしたように染まっていたが、なおらかに乾かぬ墨のが読まれた。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
髪をれざる働きに俊雄君閣下初めて天に昇るを得て小春がその歳暮裾曳め、用度をここに仰ぎたてまつれば上げ下げならぬ大吉が二挺三味線つれてその優遇の意をらかにせられたり
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
此辺の豪農の家では、以前よく強盗に入られるので、二十円なり三十円なり強盗に奉納小金を常に手近に出して置いたものだ。無益の争して怪我するよりも、とらめて然するのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
多祁理とも、阿岐の宮
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
怪敷思はれし故なりとぞ其頃海賊二人召捕れ詮議しに是等は八艘飛與市と云ふ者の子分にて海賊となりし由申ける故其與市は何方住居致すやとされしに海賊共七八年以前泉州又は安藝宮島阿州尼子相住海中にて西國大名の荷物船へ飛乘賊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この附近には古画や古本や文房具の類をなっている店が軒を並べて一廓している町がある。
不吉の音と学士会院の鐘 (新字新仮名) / 岩村透(著)
学校に行かなくなってからなおなお世間にかって、捨児と聞いてから万作夫婦の愛は昔にかわらぬが何となく心に欠陥があるらしく、何か始終思い沈んで居る。それをか慰むるは歌と筑波山だ。
漁師の娘 (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
さまは、どうしてあんなことをなすったのでしょうね。」
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
藤吉は、人々を押し退けて空地を作りながら、「見ねえ、この灯りを背負って、おいらの影は、あんなに大きく映らあ。藤吉どんの見たのあ、人間の影じゃあねえんだ。そら、こりゃあどうだ——。」
釘抜藤吉捕物覚書:11 影人形 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「三百八十兩は大金だが、増屋の主人はらめてゐるし、奉公人並といつても、養子のお前だ。一生眞面目に働いて、身上を肥らせる氣になれば、三百八十兩は安い資本のやうなものぢやないか」
らけく、くしき
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
すか/\と西瓜切也のかぜ 陽和
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
絶交してもたらぬように思われるが、翌日甲乙が互いに話し合うところを見ると、前夜用いた罵詈は、いずれにあったかを解するに苦しむことがある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
すなわち新聞雑誌に掲げられる月旦とか人物評論とかあるいはいわゆる三面記事を見ると、はかくのごときことをなし、国賊であるとか、その肉をってもたらぬとか
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
彼様いふ調子で、ずつと今迄進んで来たら、奈何にか好からうと思ふんですけれど、少許羽振が良くなるとに物に飽きるから困る。倦怠が来ると、た病気が起る。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
実際云ふとヷン・ダイクは、リユウバンスには余り多くを白耳義で観せつけられた所為か少し厭倦が来た様である。近代の作品にも目を惹く物は無かつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
と僧は復笑って「併し私にはそうは見えぬ、お前は何うやら厭飽たらしい」
高島異誌 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
土佐にはたくさんの実例があるがかりにその一例を挙げると『土佐州郡誌』安芸郡土居村の条に、方言に邑中の堡城これを土居という。この地安喜氏の旧塁ありゆえに名づくとある。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
それだけでは慊焉たらず、今度は、半年前にじた先王アメシスのしめようと考えた。カンビュセスが含む所のあったのは、むしろアメシス王の方だったからである。
木乃伊 (新字新仮名) / 中島敦(著)
呆然縁側に立って、遠くの方を見ると、晩秋の空は見上げるように高く、清浄に晴れ渡って、世間が静かで、やりと、自然に好い気持がして来る。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
然れども彼は神を恨まず、己れを捨てず、友は来りてれども意に介せず、敵は来りて悩ませども自ら驚かず、心をらかにして神意を味はへり。
各人心宮内の秘宮 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
かずかずの星辰は自分たちにある大きな永遠というものを示唆するかのように、強く、らかに光っていた。
俵の数は約二百俵、五十内外の米穀なれば、機関室も甲板空処も、隙間なきまでに積みたる重量のために、船体はやや傾斜をして、吃水は著しく深くなりぬ。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ちょうど、椅子を開いて向合に一つ空席がありましたので、推されながら、この真中ほどへ来た女たちが
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
金風の夕焼のなかで、ぼくはほんのりと酩酊して行った。
横町の食堂で (新字新仮名) / 竹内浩三(著)
しかし相変らずごく胸の広い燕尾服で、その上、緑の刺繍をしたビロオドの小帽をかぶっている。ただし彼はひとりきりではなかった。
阿騎宿旅人うちなびきらめやもおもふに 〔巻一・四六〕 柿本人麿
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
らけく、くしき
新頌 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)