“詮議”の読み方と例文
読み方割合
せんぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私が渡辺七兵衛らと共に、綱宗さま側近の奸物を斬って御詮議にかけられましたとき、御屋形さまお一人が私どもを庇護されました。
「野郎。ぬかしたな! 不浄役人の下っぱたアどなたさまに向かっていうんだ。詮議の筋があって来たんだ。うぬのうちア三蓋松か!」
番頭脇坂山城守は、不取締りの故をもって一件落着まで閉門謹慎を仰せつかっている。番士一同もそれぞれ理由に就いて詮議を受ける。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)