“あぐ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アグ
語句割合
33.3%
23.3%
10.0%
6.7%
飽倦6.7%
3.3%
倦飽3.3%
3.3%
3.3%
3.3%
3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
々怪しいけれど、兎に角此の世に、此の時計の捲き方を知る人の有るは、調べんで居た余の叔父に取っては非常の好都合に違い無い
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
政談月の鏡と申す外題を置きまして申しるお話は、宝暦年間の町奉行で依田豐前守様の御勤役中に長く掛りました裁判でありますが
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かの電報のごとき簡易の文、約略の語、なおよく通ず、いわんや文章、談話をや。かつ英語も一語数訓のものあり。ここにその例をる。
平仮名の説 (新字新仮名) / 清水卯三郎(著)
いたずらにからしてを買うに過ぎず。すべて今の士族はその身分を落したりとて悲しむ者多けれども、落すにもるにも結局物の本位を定めざるの論なり。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
金次は仰山に自然木を構え、無事に飽倦める腕を鳴して
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夢に球と球と相触れて戞々と響く音に耳を襲われ、驚きめてれば其響は球の音にあらで外より余が室の戸を急がわしく打叩くにぞありける
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
上下をすべて切って廻せば、水仕のお松は部屋に引込み、無事に倦飽みて、欠伸むと雑巾を刺すとが一日仕事、春昼たりというなり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
われは長く机にることを好まず。神曲の大いなる二卷には、我とほ/\みしが、これぞハツバス・ダアダアが禁ずるところとおもひ/\、勇を鼓して讀みとほしつ。
其外便利は一々るにばざることなり。此後所謂晦日ることあるべし。
改暦弁 (旧字旧仮名) / 福沢諭吉(著)
ここを以ちてこの二神、出雲の國の伊耶佐小濱に降り到りて、十掬の劒を拔きて浪の穗に逆に刺し立てて、その劒のて、その大國主の神に問ひたまひしく
この時、あなたの山の方から幾箇松明が狐火のように乱れて見えた。巡査の一隊は尋ねんで、今や山を降って来たのであろう。くと見るより此方の人々は口々に叫んだ。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)