幽霊塔ゆうれいとう
「有名な幽霊塔が売り物に出たぜ、新聞広告にも見えて居る」 未だ多くの人が噂せぬ中に、直ちに買い取る気を起したのは、検事総長を辞して閑散に世を送って居る叔父丸部朝夫である。「アノ様な恐ろしい、アノ様な荒れ果てた屋敷を何故買うか」など人に怪しま …
作品に特徴的な語句
ここ はめ まぶ おわ ひるん にぶ うごき しなや ようや たた 全然すっか わきまえ いら 蹌踉しりぞ 匍匐よつんばい たくら せめ いじ いけ ひざま うやま やっ はしこ もっ かわ まご めぐ おどろ たべ さしは ぬすん 佇立たたずん ほのめ つき よっ まる しみ あらわ あて かた いじめ かけら きつ 匍匐はっ こっぷ もう 点火とぼ こぼ せわ かしこ どう 婀娜なよなよ ます すく いと こたえ 貫徹ぬけとお 諸所しょじょ すく ひら のこ あた けな あたか おそろ あず そむ そう はじま とうと 無言だまっ ほぐ いら にじ めく いず うご すき 蕭々しょぼしょぼ あん 微睡まどろん かわ 瓦礫がらくた つき たずさ ゆるや 外被こうと から はず いと