“あげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アゲ
語句割合
45.0%
14.2%
10.8%
検挙5.8%
召捕5.0%
2.5%
捕縛2.5%
進上1.7%
喜捨1.7%
1.7%
1.7%
0.8%
0.8%
彼様0.8%
0.8%
檢擧0.8%
0.8%
0.8%
足揚0.8%
陸上0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夜長の折柄の物語を御馳走に饒舌りましょう、残念なは去年ならばもう少し面白くあわれに申し軽薄な京の人イヤは失礼
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
〻、将門少年の日より、名籍を太政大殿に奉ずる今に十数年、相国摂政の世に、思はざりき、かゝる匪事られんとは。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さんもたり、いたりして、面白びました。自分つたがそんなによくつたのをるのもみでした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
朝から拘引されていた給仕長の圭さんと、コックの吉公とが、夕方になって一帰店を許され、これと入れかわりに電気商岩田京四郎が、検挙られてしまった。
電気看板の神経 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「第一、江戸へ帰れば、早晩貴公も、八十三郎の連累として、召捕られる。また、どの顔さげて、江戸の街を、その頭で歩けるか——」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
胡坐いてへた/\してちより/\とまでてはしてくつとく。土間ちる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
今後は決して他の男と関係もしないし、今までの生活をさらりと止めて正業に立ちかえって、真面目な女になろう——そして、彼を一生の想い出として生きよう——それは、情夫捕縛られた日に
碧眼 (新字新仮名) / モーリス・ルヴェル(著)
持っていらっしゃる方があるでしょう、左様いう方に進上たらいいでしょう——なにも……
頸飾り (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
小苦面に首を傾げて聞いてゐたが、松太郎の話が終ると、『何しろハア。今年ア作が良くねえだハンテな。奈何だべなア! 神様さア喜捨銭金が有つたら石油でも買ふべえドラ。』
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
られぬ奪られるの云い争いの末何楼獅顔火鉢り出さんとして朋友の仙の野郎が大失策をした話、五十間で地廻りをったことなど、縁に引かれ図に乗ってそれからそれへと饒舌り散らすうち
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
山田より前だのあとだのとつらわれたり、幸田露伴の「五重の塔」や「風流仏」に、ぐっと前へ出られてしまってはいたが、美妙斎の優男に似合ぬ闘志さかんなのが
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
一度る樣に致てにても母樣の御口に適物を調へてんと思へども夫さへ心の儘ならずどもたらお力も付ふかと存夜業に糸をし代にて鰻を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
内證でお前にませうと云ふを城富聞より大いに喜悦夫は/\に有がたう御座ると云ば非人共酒手は何程位て行のだへ全體てはならぬことだが己輩寸志で内證でるだから其ことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
だアな、此方へおで、こゝで抹香るんだ、がおだよ。梅「へえゝ観音さまで……これはで。近「お賽銭箱だ。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「アハハハ。よっぽど恐ろしかったばいなあ。もう彼様な目にゃ会わせん。きょうはちょっと礼言いに来た」
富「いやさ、お顔を見てはなりませんよ、ろと仰しゃった時に始めて首を上げて、殿様のお顔をしげ/″\見るのだが、粗匇にしてはなりませんよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「あの誘拐なら、俺の方ぢやもう檢擧るばかりになつて居るんだ。滿更知らねえ顏でもない兄哥に恥をかせるでもないと思つてね」
邪悪にして慾深ければ、奉納の豆腐をて足れりとせず。われから宝珠を棄てて、明神の神祠を抜け出で、穴も定めぬ野良狐となりて、彼の山に漂泊ひ行きつ。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
昨日の晩花川戸寄席娘浄瑠璃られる。それから今朝になって広小路芸者屋で女髪結が三人まで御用になりました。
散柳窓夕栄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
汐干潟磯のいくりに釣る人は波打ち來れば足揚て避けつゝ
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)