電気看板の神経でんきかんばんのしんけい
冒頭に一応断っておくがね、この話では、登場人物が次から次へとジャンジャン死ぬることになっている——というよりも「殺戮される」ことになっているといった方がいいかも知れない。そういう点に於て「グリーン家の惨劇」以来、血に乾いている探偵小説の読者 …
作品に特徴的な語句
はさま すみ 可哀かわ きょく しょ 上端じょうたん たい なが 酒瓶さけびん おさま べや 便宜コンビニエンス 気色けはい こお 情人じょうじん ちなみ 貼付ちょうふ どう はた おのれ そびや のが 思召ぼしめし 大寒たいかん あい ころが さかさ 冒頭ぼうとう ことわ かさな がた 住家いえ わか 差支さしつか そこな 漂泊さすらい 何故なにゆえ 逆鉾しゃちほこ 刺傷ししょう 刺殺しさつ はさ ぬぐ 轢殺れきさつ とも 路傍ろぼう まばた たび 論文エッセイ うらやま たず 着衣ちゃくい 生命せいめい 生血いきち 生霊せいれい 容易ようい うご えが 惨劇マーダー・ケース くだ べい 葬儀そうぎ 人体じんたい 嫌疑うたがい はぎ あま 殺害さつがい 失敗しま まさ 硝子ガラス くだ 矢張やは かたき またた 瞞著まんちゃく にら 此処ここ 死霊しりょう まぶ 真蒼まっさお 真昼まひる 無人ぶにん 犯跡はんせき 爾来じらい つばめ しか 消耗しょうもう 滑稽こっけい 温和おとな ひと 点滅てんめつ