“消耗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しょうもう56.5%
しょうこう26.1%
せうかう8.7%
せうまう4.3%
ショウモウ4.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蜀魏両国の消耗をよろこんで、その大戦のいよいよ長くいよいよ酷烈になるのをっていたのは、いうまでもなく呉であった。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二三十秒の現状を維持するに、彼等がどれほどの気魄消耗せねばならぬかを思うとき、る人は始めて残酷の感を起すだろう。
思い出す事など (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
どんなに精力消耗する仕事でもいから、もう積極的身體らかしたくつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
間斷なく消耗して肉體缺損補給するために攝取する食料は一自己慘憺たる勞力の一いてるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
相手「応諾。当方ハ此後ノ通信ヲ倹約セザルベカラズ。電源ノ消耗ト、更ニ急報スベキ事件ノ発生ヲ予期スレバナリ」
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)