“仕事”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しごと96.3%
しこと1.1%
しわざ0.5%
つかまつること0.5%
ウァーク0.5%
シゴト0.5%
ビジネス0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
洋傘直しは剃刀をていねいに調しらべそれから茶いろの粗布あらぬのの上にできあがった仕事しごとをみんなせほっと息して立ちあがります。
チュウリップの幻術 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
「どれ、このまちに、いい仕事しごとくちがあるか、いてみよう。」と、おとこは、そのまちひとたちにたずねました。
おかしいまちがい (新字新仮名) / 小川未明(著)
だからかれは、いつからともなく、ほかの弟子でしたちをいて、仕事しごとうえでは、主人しゅじんわりをしていました。
心の芽 (新字新仮名) / 小川未明(著)
別にわけということはないてすが、こんな汚ない仕事しことして、あんまりお金安いてすから、と云い捨て、李聖学はまた将棋の方に眼をやって、こまを一つ動かした。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
むかついて来るのを押え、なあ出てくれよ、と彦太郎が機嫌をとるように云うと、ようやく振り返って、旦那たんなさん、わしはこの仕事しことやめようかと思うて居るてす、と云った。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
すつかり奇麗きれいりあげるのはなか/\大變たいへん仕事しことでした。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
さりとは浅い詮索せんさく優鈿うでん大王だいおうとか饂飩うどん大王だいおうとやらに頼まれての仕事しわざ、仏師もやり損じては大変と額に汗流れ
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
たちまち人心離叛つかまつり、他の変を激生仕事つかまつること鏡に掛て見る如くと奉存候。且又手を下候者に無之同志之由を申自訴仕候者まうしじそつかまつりそろもの多分御座候由伝聞仕候。右自訴之人共いづれも純粋正義之名ある者之由承候。是等の者は別而べつして寛典をもつて御赦免被為在可然御儀あらせられてしかるべきおんぎと奉存候。実に正義之人国之元気に御座候間
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
キャムプ生活に炊事が楽しい仕事ウァークの一つであるだけに、何等かの方法で日本にも行われるなら
御懸念ゴケネン一掃イッソウノオ仕事シゴトシテラレルナラバ、ワタクシナニオウ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
キミノ仕事シゴトノコルヤ、ワレノ仕事シゴトノコルヤ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
今や元気と常識とを取り戻した彼は、勇躍ゆうやくして、その仕事ビジネスについた。また新たに、生きている張合はりあいといったものが感じはじめられた。彼は、ふしぎに自分の体が、軽くなったように思った。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)