“仕事”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しごと96.5%
しこと1.0%
シゴト0.5%
しわざ0.5%
つかまつること0.5%
ウァーク0.5%
ビジネス0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、さもとがめられたようにくして、なんと返事をしていいかわからず、ただ、きながら仕事をするばかりでした。
だまされた娘とちょうの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
別にわけということはないてすが、こんな汚ない仕事して、あんまりお金安いてすから、と云い捨て、李聖学はまた将棋の方に眼をやって、を一つ動かした。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
レ、ミテリテハ沸々リテハハ、ミナトンノデアル。肉体死亡デアル。キミノ仕事ノコルヤ、ワレノ仕事ノコルヤ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
優鈿大王とか饂飩大王とやらに頼まれての仕事、仏師もやり損じては大変と額に汗流れ、眼中に木片飛込も構わず、恐れみてこそ作りたれ、恭敬三昧き者ならぬは
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
御不審可被為在候へ共、方今之時勢彼之者共厳科に被行候人心離叛、他の変を激生仕事鏡に掛て見る如くと奉存候。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
キャムプ生活に炊事が楽しい仕事の一つであるだけに、何等かの方法で日本にも行われるなら、すべての階級を通じて女を主として理想的の避暑法ではないかと存じます。
今や元気と常識とを取り戻した彼は、勇躍して、その仕事についた。また新たに、生きている張合いといったものが感じはじめられた。彼は、ふしぎに自分の体が、軽くなったように思った。
英本土上陸戦の前夜 (新字新仮名) / 海野十三(著)