“仕事衣”の読み方と例文
読み方割合
しごとぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
嘉吉は木戸口を入る時、直ぐそれと感づいて、いつになく、仕事衣しごとぎを先づ着替へて、それから座敷へ行つて一通りの挨拶を客にした。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
それからおつぎが朝餐あさげぜんゑるまでには勘次かんじはきりゝと仕事衣しごとぎかへさむさにすこふるへてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
土間には、こま/\した農具やどろのついた彼の仕事衣しごとぎやが一方の壁に立かけたりぶら下げたりしてあつた。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
それも自分じぶんつくろつて清潔きれいあらざらした仕事衣しごとぎ裾長すそなが
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一応宿へ帰つて仕事衣しごとぎを着替へて、それから出頭した。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
勘次かんじもおつぎもうす仕事衣しごとぎにしん/\とこほしもつめたさと、ぢり/\とこがすやうなあつさとを同時どうじかんじた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)