煤煙の匂ひばいえんのにおい
彼は波止場の方へふら/\歩いて行つた。此の土地が最早いつまでも長くは自分を止まらせまいとしてゐるやうで、それが自分のにぶりがちな日頃の決心よりも寧ろ早く、此の土地を去らねばならぬ時機が迫つて来はせぬかといふ、妙に心細い受け身の動揺の日がやつ …
作品に特徴的な語句
くつ おまへ ひき 確乎かくこ おほい いづ きは 彼方あつち 居据ゐす かた へつつひ しも かけ かは かつ 心遣こゝろや たち きれ 羞恥しうち 何処いづこ うる こそ あるひ 良人うち あは めえ なまけ しやく ぢい うた しうとめ 威嚇ゐかく こま 婦人ひと おく はし かく たゝず ほゝ よみがへ 面持おもゝち わづ 杭打くひう にほ 間違まちげ 惨死やら つひ ちげ つひ 躊躇ちうちよ まつた 晩酌ばんしやく おそ 昨日きのふ 明日あした 昂然かうぜん 耄碌まうろく 美貌びばう 料簡れうけん ゆゑ 最早もう 一寸ちよつと のゝし 良人をつと やす 憂欝いううつ 情男いろ 此所こゝ なま 薬罐やくわん 心易こゝろやす 蝋燭らふそく 御者ぎよしや 糸屑いとくづ はま 屹度きつと つい 親爺おやぢ うづ 難物こまりもの さは 障子しやうじ いへど つら 先刻さつき