“仕事唄”の読み方と例文
読み方割合
しごとうた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
古風な田舎の仕事唄などの中には、にはそれと同様な情景創造もあったか知らぬが、少なくとも世の文学と称するものの間には、是ほど手際よくまた物静かに、効果を挙げていたものは絶無である。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)