“仕事口”の読み方と例文
読み方割合
チャンス100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死損いの坂本を助ける為めに折角乗った此の船——しかも仲々仕事口のない此頃、望んでも又と得られない好地位を見捨てて——船を降りなければならないのが不満で仕様がなかった。
上海された男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)