“勇躍”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ゆうやく90.0%
エラン10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“勇躍”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
彼は教授のめるのも聞かず、勇躍ゆうやく飛んで出ると、スイッチを真暗まっくらの中にさぐってパッとをつけた。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私は兵士のように身をていして、怪青年の背後に追いすがった。右のひじをウンと伸すと、運よく彼の肩口に手が触れた。勇躍ゆうやく
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
——それは、たとえば『エロイカ』の終曲の勇躍エラン、『第九交響曲』の、時ならぬ叫喚を伴うテノールの歌や行進曲マルシュ、『コリオラン』序曲の憤激の爆発、『エグモント序曲』の終りの解放された群集の雀躍