糞尿譚ふんにょうたん
どこかでは既に雨が降っているのか、白く光って見あげるようにむくむくともりあがった入道雲の方向で、かすかな遠雷のとどろきがして居る。斜面を下りながら、彦太郎は、麦藁帽子の縁に手をかけて空を見あげ、一雨来るかも知れんと思い、灼けるように陽炎をあ …
作品に特徴的な語句
おじ かが しも むずか 長髯ながひげ 甘味おい くら こうむ たゆ 怖々おずおず 田地でんち 田畠でんばた まなざし みこと やわら 酒代さかしろ たご はず 旦那たんな たち 照葉てるは 仕事しこと 彫青ほりもの はじ 憲政けんせい おぼ ゆか 浴槽よくそう あび ひさし しか とげ 刺青いれずみ まち 巡査おまわり いくさ 痴漢ちかん 抵当ていとう 拍手はくしゅ 肥料こえ よご 吃音どもり ひるが 署名しょめい くわ しゃく たず 糞壺どつぼ 最後しまい しゃが 執念しゅうねん 塵芥ごみ 素面すめん 塵埃じんあい すじ 脱殻ぬけがら 脅迫きょうはく 胴巻どうまき 胡瓜きゅうり 胡坐あぐら 胃壁いへき さかな ひじ 肥料こやし 股間こかん 股引ももひき 老朽ろうきゅう ののし かん めぐ つな しば 緒口いとぐち 総円そうえん つな 経緯いきさつ 細面ほそおもて ほとり 狼狽ろうばい 猜疑さいぎ 猥談わいだん 獲物えもの 瓢箪ひょうたん 瓦斯ガス 痙攣けいれん こぶ しび 狡獪こうかい 畢生ひっせい うね