“しわざ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
仕業72.6%
所業14.6%
所為4.5%
為業3.5%
所行0.7%
所爲0.5%
0.5%
爲業0.5%
仕様0.5%
処業0.5%
所作0.5%
處業0.5%
0.2%
仕事0.2%
行為0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ときどき手を合せて拝みたい気もちのするのも、しき情慾の奴隷となって、のたうち廻った思い出のなせる仕業とのみはいえまい。
親馬鹿入堂記 (新字新仮名) / 尾崎士郎(著)
勿論、凡者所業ではない、夕方、横川をって飯室谷へかかった天城四郎とその手下どもの襲ったことから始った事件であった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
末梢を論じ、枝葉をあげつらい、章句に拘泥して日を暮すは、世の腐れ儒者の所為。何で国を興し、民を安んずる大策を知ろう。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その上明日からは福知山の何倍もある大大名、京極丹後守の指南番大月玄蕃が宿の妻に出世するのじゃ——満更そちに為業でもあるまいがの
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かくして一には浪子を武男の念頭より絶ち、一には川島家のを存し、一にはまた心の奥の奥において、さきに武男に対せる所行のやや暴に過ぎたりしその罪? ぼしをなさんと思えるなり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
我れを何處までも日蔭ものゝ人知らぬ身とて仕舞はじ、前後に心ざはりなくて胸安からんの所爲とは見え透きたり、流石に御心には懸りていつぞは仇する女とおぼしめしたるか
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
息子嗜好色々御馳走して「さて、や、お此頃はどうしておいでだえ。矢張めませんのかえ。」とながらにめかけると
尋ねせしに行方知れざれば此は必定桶伏にしたる石川安五郎が爲業に相違有まじと人々言居ける所に大門番の重五郎が阿部川の河原にて何者にか切殺され死骸は河原に有之との事なれば此はは番人の事ゆゑ白妙
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
彼子が、このたび、大庭景親に徒党して、殿へ、抵抗いたしたのは、まったく、一時の魔がさしたのでござりまする。……ほん気な仕様とは、彼子を生んだこの母にも信じられませぬ。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あれが子供の処業かと寄集りし人舌を巻いて太夫よりは美登利の顔を眺めぬ、伊達には通るほどの芸人を此処にせき止めて、三味、笛の音、太鼓の音
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
貢さんは一目見ていたが、従来庭の柿の樹や納屋の中に兄のられて切諌を受けるのを度々見て居るので、こんな処へれてつて縛つて置いたのは阿父さんの所作だと思つた。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
御贔負をの嬌音これたやすくはひがたし、れが子供處業かと寄集りしいて太夫よりは美登利めぬ、伊達にはるほどの藝人此處にせきめて、三味
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その弟忍熊の王、そのまずして、軍を興し、待ち向ふる時に、喪船にひてを攻めたまはむとす。ここにその喪船より軍を下して戰ひき。
種種の味物を取り出でて、種種作り具へてる時に、速須佐の男の命、そのを立ち伺ひて、穢汚くして奉るとおもほして、その大宜津比賣の神を殺したまひき。
優鈿大王とか饂飩大王とやらに頼まれての仕事、仏師もやり損じては大変と額に汗流れ、眼中に木片飛込も構わず、恐れみてこそ作りたれ、恭敬三昧き者ならぬは
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
多分その七歳になる男のがあったが、それの行為だろうと、時その児を紐で、母親に附着けておいたそうだけれども、悪戯は依然止まぬ。
一寸怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)