“納屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なや98.4%
ものおき0.8%
ナイヤ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
住居蔵の裏が、せまい露地ひとつへだてて、そばやの飛離れた納屋があったので、お昼過ぎると陰気なコットンコットンがはじまる。
私の考えに、是れは何でも戦争になるに違いないから、マア米を買おうとて、出入の米屋に申付けて米を三十俵て米屋に預け、仙台味噌を一樽買て納屋に入れてた。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
待つて呉れ、晩までかゝつて何うにかまとまつたら、いつものやうに納屋のサイレンを鳴すから、そしたら皆な集つて来いよ——
R漁場と都の酒場で (新字旧仮名) / 牧野信一(著)