“加納屋”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かなふや75.0%
かのうや25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは素姓が知れてをります、小傳馬町の加納屋に泊つて、上方と江戸の間を引つきりなしに歩いて居る。
つけ晝夜となく駈廻く程に夫婦は又なき者としみける扨も此餠屋と云は國主細川家の御買物方の御用達にて御城下にもなき加納屋利兵衞とて巨萬の身代なる大家に數年來實體に奉公を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
これから大久手細久手へ掛り、御嶽伏水といふ処を通りまして、太田の渡しを渡って、太田の宿の加納屋という木賃宿に泊ります。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)